ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
第18期徐霞客観光祭 開始
2020-05-20フォントサイズ: A A A

    「天下の旅行は、寧海からスタートする」と5月19日の午前、「中国観光日」10周年浙江省会場のイベント、第18期徐霞客観光祭は中国の観光発祥地の寧海で開幕し、沿海高速長江デルタマイカー旅行交流も当時に開幕した。

    407年前に、世に知られる聖人徐霞客は「寧海から西門」に出てから、34年間に亘り、中国半分以上の土地を踏み渡れた。今のところ、すでにみごとに17期徐霞客観光祭を催して、また最初の単一の政府によって催される紀念イベントから、だんだん協力観光、文化、民宿、美食、スポーツなどの多くの元素を一体化にした国民全体親睦大会となった。

    開幕式で、総価値の2.2億元の「浙江文化観光消費のクーポン券」を発給した。消費者はアリペイ、ウェチャット、美団などのプラットフォームで受領することができる。

これと同時に、「十里麗装」という結婚ショーも前童鎮で上映している。結婚式の現場で、輿に座り、古町を観光、天地に礼拝、ハンカチを選ぶなどの伝統結婚を再現した。観光客は本物の伝統結婚ショーを鑑賞しただけではなくて、さらに新婦を迎えに行く行列に入り、「通り抜ける」を遊んで、めでたい気niふれたほがいい。


【印刷】 【閉じる】