ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
余姚 ネットで農業技術を指導
2020-03-20フォントサイズ: A A A

    余姚は「浙農雲」、「ディントーク」などのアプリを利用して、「オンラインで農業科学技術を普及」などのイベントを展開し、「ラインとライン」で農業技術指導を行っている。また果物、野菜、食糧と茶などの4団体の生産保障チームが成立した。一チームごとに1人の専門家、5名の農業技術幹部といくつかの農家から構成していて、動画や電話の連絡方法を通じて、農家の生産技術と病虫害への予防の指導を強化する。現在のところに至って、すでにオンラインで農家の3200数延べ人数を指導して、農作業に関する17万条農業ニュースを発表した。

    オフラインでは、「面対面」で農民のために春耕作の人手不足などの難問を解決する。近日、三七市鎮田螺山農機具サービス専門協同組合の社員は村に来て、農家の何華東にニンニクの茎を刈りあげった。この農機具サービス専門協同組合は早めに農業労働者と種植えなどを統合して、資源共有、優位お互い補い合いという夢を叶った。聞くところによると、余姚の83社の農機具協同組合はもう「互助作業チーム」を創立し、異なる作物は時間を調整するという方法で、労働力を統合し、あわせて面積の2860余りムーの農業イベントを展開している。


【印刷】 【閉じる】