ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
東銭湖観光リゾート 国家級観光リゾートへの手本
2020-11-25フォントサイズ: A A A

    東銭湖の発展はすでに三つの傾向を呈している。つまり観光レジャーの専門化から地区機能の総合性への転換、湖を主体とすることから湖城融合セット式への転換、都市「後ろのガーデン」から都市の「主な戦場」 「副中心」 「城中湖」への転換である。
 現在、東銭湖「十四ヵ五」企画の案が作成中なので、東銭湖管理委員会関係責任者によると、「十四ヵ五」時期の目標は国家級観光リゾート区のモデルを作り上げ、国際的に有名な湖区になることを目指し、重点的に銭湖ニュータウン、梅湖教育ニュータウン、上水楽活鎮、下水田園街、老鎮区など五つのプレートと「三環、九射、八連」の交通ネットワークを建設する。
 次のステップでは、東銭湖観光リゾートは継続的に「モデル、挑戦、サービス」という意識を強化し、知能銭湖の建設を速め、創意産業をアップグレードさせ、創新プレートを作って、全省の美しい大きいガーデンの建設を速めるために力を入れて、「重要な窓口」の建設のためにモデル的な貢献をしていく。
 引き続き大プロジェクトの建設を全力で推進する。市政府に合わせて、早急に東銭湖地区総体計画を完成させ、大開発大建設の発展構図の形成を速める。積極的に知能銭湖革新な機能区域の着陸を積極的に推進する。本部経済プロジェクトの建設を加速し、国際先端本部経済基地などを建設する。
 引き続き大規模プラットフォームの構築に力を入れていく。知能経済、数字経済などの新興産業を導入する。会議展示産業の大きなプラットフォームを構築し、寧波国際会議センター、国際博覧センター及び総合組み合わせ区の建設に全力で協力し、会議展示経済育成3カ年計画を実施する。 
v

【印刷】 【閉じる】