ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
揚子江デルタマウンテンバイク公開試合 慈城で閉幕
2020-11-23フォントサイズ: A A A

    昨日、江北慈城町で開催された揚子江デルタマウンテンバイク公開試合(寧波・雲湖)が幕を閉じ、冠、亜、第3陣がそれぞれ誕生した。


  今回の試合には長江デルタ地域のプロチームと各クラブから300名近くの選手が参加し、その中には有名チームのマウンテンバイクの名将とプロの達人が含まれている。大会の会場が 「雲湖マウンテンバイククロスカントリー公園」 であり、レジャー、レジャー、観光が一体化した、全国で初めてのオープンクロスカントリー公園である。


  大会は男子山地エリート組、男子山地青年組、男子山地マスターズ組、女子山地組、環湖体験組の5つの組で構成されている。国内の有名エリートライダー約30人を引き連れ、有名レーシングチームなども出場した。


  主催者はまた、メンマ、干しメンマ、里芋、卵などの農業副産物および自転車関連スポーツ産業の展示販売を行い、現地の文体旅行産業の融合を促進し、スポーツの消費を促進しようとしている。

【印刷】 【閉じる】