ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
第4回象山蜜柑文化祭開催
2020-11-18フォントサイズ: A A A

 


秋の収穫時期には、蜜柑の香りが漂う。第四回象山柑橘文化祭・「紅美人」狩り儀式が象山影像城で行われた。
この度の柑橘文化祭は「手のクラウン祭り」転送モードを通じて、WeChatプラットフォームで「私の専用紅美人」というクラウドインタラクティブ・ゲームを栽培するサービスを展開するほか、クラウド象山影視城歩み、クラウド中国初の「紅美人」を見る、クラウド象山柑橘ブランド館を鑑賞するなどのオンラインイベントを行い、さらに映画やテレビスターを「紅美人」クラウド・イントロダクションに参与してもらい、蜜柑の販路をさらに拡大して、象山「紅美人」ブランドの認知度を高め、農業文学旅行の融合をバックアップした。
曉塘郷甬紅果園では、11月15日に中国第一本の「紅美人」公開式典が開催された。2001年に、中国で最初の「紅美人」がここで選別され、育成した。およそ20年に亙る丹精を込める育てられた象山「紅美人」は、今では柑橘類の逸品となり、全国有数の農産物目録に登録されており、「橘中エルメス」と呼ばれている。

【印刷】 【閉じる】