ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
前童鎮 5 A級観光地を目指す
2020-11-18フォントサイズ: A A A


2020年以来、前童鎮は国家AAAAA級観光地、国家レベルの衛生都市、省レベルの美しい都市モデル鎮、寧波市農村観光モデル区「四城」と結合し、重点プロジェクトを28個計画し、総投資が9億元で、交通、旅行、水利など多くの領域に関連し、全力で活力のある「鎮風景」づくりに取り組む。
美しい町と美しい観光地を相互に調和させ、「生きている古い町」の建設を目指し、保護と開発の結合原則に基づき、累計7000数万元の投資を行い、30カ所の重点住宅に対する保護的修繕を完成し、古町内のその他の建築物に対して細緻した修復を行い、「青藤白壁黒い瓦、石の透かした彫り窓、彫刻した梁と画廊および八卦の水に囲まれる」という歴史的原型を回復させる。累計3億元以上を投資し、歴史文化街、入口歩道街、海裕観光総合体、白溪散策道、童衍方芸術館拡大館、古鎮亮化、古鎮郷韻逸品コースなどの観光セットプロジェクトを順調に推し進めている。1億元を投資して梁皇山総合体の改造・アップを行い、古鎮観光地と梁皇山観光地の「ダブルスター」を強くすることが分かった。

【印刷】 【閉じる】