ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
デジタル経済 鄞州に助力 
2020-11-18フォントサイズ: A A A


 住民証明書発行や問い合わせなどは、「微微」知能音声ロボットを探せば、「ブロック頭脳」はデータ分析をすることができる。これは国研ソフト株式会社が2020年に発売した人気商品「国研幸福鄞」だ。
近年、鄞州区はデジタル経済「1号プロジェクト」を実施し、全角度に情報化と工業化の融合、デジタル化と産業化との融合を広く推進し、スマート家電、スマート自動車部品、スマート装備などのデジタル経済の核心産業を重点に作ったので、2020年鄞州の融合発展指数が全市で「五年連続チャンピョン」となり、情報化の発展指数が寧波市一と数えられた。今年三四半期に、鄞州デジタル経済の核心産業の付加価値(製造業)は前年同期比2.7%増加し、その中に統計システムに組み込まれているソフトウェアと情報通信業界のサンプル企業の勢いが強く、売上高は前年同期比51%増加した。データ経済はすでに地域経済の高品質発展の新しい原動力となった。コロナウイルスが発生した後、鄞州区は絶えず高品質のプロジェクトを招致し、経済発展のために新しいパワーを投入している。

【印刷】 【閉じる】