ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
2020雪竇山弥勒文化祭 開幕
2020-11-13フォントサイズ: A A A

 11月11日、2020雪竇山弥勒文化祭は奉化雪竇寺で開幕し、およそ600名の国内外の人々がイベントに参加した。


 2008年から、雪竇山弥勒文化祭は「慈行天下、和楽人間」をテーマにし、すでに13回開催され、50余りの国や地域と共同で多彩な文化交流を展開し、多方面から寧波の特色を展示し、「寧波好声音」を発信し、寧波に新たな文化カードを立てた。


 寧波の重大な文化プロジェクトとして、雪竇山仏教名山は2014年から、累計およそ20億元を投じた。浙江仏学院はもう開院し、弥勒聖壇が来年の秋に落成する予定である。弥勒文化園、永平寺、資福寺なども建立されるという。そして四明山の生態修復、休耕造林、渓口の「武嶺坊」民国風情街、恒大生態小鎮などの開工段階に入り、山城湖寺を一体化にした「大名山」の構造も明かに、力強く文化観光産業の融合と渓口古鎮の高品質発展を促進することを狙っている。

【印刷】 【閉じる】