ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波で「地面に座る」という魅力を
2020-11-13フォントサイズ: A A A

          衛生管理員は「地面に座る」模範区域の月湖観光地で常態化管理をしている

  

 2020年6月、寧波市は正式に第1陣「地面に座る」という都市客間を作る活動を開始し、「文明が文明を呼ぶ」に努め、「地面に座る」にして、ズボンを汚すことなく、清潔でさわやかな街づくりに取り組んでいる。


 計画によると、寧波市は3年間で、オフィス街、広場公園、交通中枢、迎賓道路、観光地を重点に、順位に「地面に座る」という都市客間の模範区を作り上げ、2022年までに100個高品質の模範地区の完成を目指している。

【印刷】 【閉じる】