ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
慈渓の千年の村
2020-10-05フォントサイズ: A A A

    国慶節、中秋節連休の三日前、慈渓市龍山鎮方家河頭古村には観光客が賑わった。一日の観光客数は1万人に近い。ぶらぶらしているうちに、人々は古めかしい田舎の景色を鑑賞することができるだけでなく、多くの特色ある料理を味わうこともできた。

    方家河頭は慈渓の唯一の千年の歴史文化を保存した古村落だ。2012年以来、当村は累計6000万元以上を投入し、古村に対して保護性修繕、環境総合整備などを行い、わが省の「ネット有名な観光地」の一つになった。「毎年の国慶節には、私は家族を連れて何日かの小泊に来る」杭州の観光客陳さんは、秋の方家河頭には趣があると言った。「葉の薄黄色の古い銀杏の木の下で、親戚や友人とお茶を楽しみ、古村の風景を鑑賞し、『半日の暇を盗む』という境地を感じた」。

    銀杏の木のほかに、方家河の頭には古い木や名木がたくさんある。その中で、2本の樹齢500年の「鴛鴦樟」が互いに寄り添って、多くの若いカップルを引きつけて、デートの聖地になった。

 「緑水と青山」を守り、「金山と銀山」より勝る。豊富な自然資源と深い歴史文化によって、方家河頭は美しい農村の建設を加速させ、観光経済を大いに発展させ、村民の収入は日増しに増加している。

    観光で郷村のを振興する。方家河頭は新たな発展のチャンスを迎えた。「美しい田舎をつくるには、外生の美よりも内生の美が大事だと村党総支部の方傑書記は次のように述べた。「精品民泊を構築する上で、方家河頭は文明観光村の建設に全力を挙げており、農家楽、民泊経営者などの信用経営を導き、サービスの質を向上させている」観光客の文明的な観光を提唱している。


【印刷】 【閉じる】