ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
「創在寧波」クラウドで公開
2020-10-28フォントサイズ: A A A

   昨日、第三回世界「寧波幇」発展大会の「創在寧波」クラウド上で発表されたイベントは華やかに登場した。イベントはオンラインメディアを通じて、初めて「クラウドの発表」という形で開催された。


  今年の全国双創周「革新は創業をリードし、創業は就業をリードする。」のテーマの指導の下で、今回の活動は、革新的創業能力付き寧波産業の高品質の発展に対する要求に注目し、いくつかの重大な革新的創業プラットフォームと代表性のあるプロジェクトを展示することを通じて、産業チェーンでの発表、プロジェクトのロードショーなどの形式で、寧波の産業チェーン構築、創業政策の助け、人材が定着するなどの各方面の政策措置を説明し、更に人材を集め、外資を導入する寧波のラッパを吹いている。


  産業レベルの向上をめぐって、寧波は力を合わせて新材料、工業インターネット、ハイエンド設備の三大科創高地を建設した。今回の活動は寧波の革新・創業環境、すでに効果を得ており、及び「14 15」を特定し、国レベル、省レベルの「二創」模範基地、企業技術センター、工学研究センター、連合実験室、革新総合サービスプラットフォームなどを重点にし、寧波革新創業の回廊、甬江実験室などの建設に焦点を当て、寧波革新・創業の品質向上のロードマップを提示する。


  当面の全世界の産業変革、産業チェーン再編と新興産業発展のチャンスで、国内の大循環を主体とし、国内の国際ダブル循環が相互促進する新しい発展構造を積極的に構築する時代背景の下で、寧波は持続的に革新駆動戦略を深化し、新興産業の育成と新旧の運動エネルギーの転換を加速し、革新創業の質の向上発展を促進し、国家の制造業の高品質の発展を争奪するための試験区で、浙江建設「重要なウィンドウ」の模範生が絶えず奮闘している。

【印刷】 【閉じる】