ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
2020寧波ファッションフェスティバルおよび第24回ファッションフェスティバルが閉幕
2020-10-26フォントサイズ: A A A

 昨日、 「2020年寧波ファッションフェスティバル」 及び 「第24回寧波国際ファッションフェスティバル」 が円満に閉幕した。短い3日間で、8つの国と地域の289のブランドがきらびやかに登場し、30のファッション展覧会、産業フォーラム、特別シンポジウム、商業貿易のドッキング、ファッショナブルな発表と「寧波クラウド展」をキャリヤーとするクラウド展覧会などの活動で、全国の20余りの省 (市) 、自治区の1万余りの国内専門商社及び48の貿易チームから打合せ、仕入れに到着し、深秋の甬城の流行を掻き立てた。


 昔と異なって、「二重サイクル」の発展局面で、国内の大循環切の当面の急務は内需拡大、安定、産業チェーンの最適化であり、「双線新エンパワーメント、産業チェーンの構築」をテーマとする2020寧波ファッション祭の中で、寧波乃至全国のファッション紡織服装企業が、新しい視野、新しい局面で、自身の価値源を改めて位置づけることで、、もっと大きな作為で大変局の中で新しい局面を開くという。

3日間しかないにもかかわらず、各種類のファッション要素は絶えず衝突し、交錯し、ファッション産業チェーンの各環節の転換と革新要素が目に入る。


 「寧波の服装産業は未来を勝ち取り、高品質の発展に向かうために、転換を加速させ、人材育成を加速させなければならない。」市経済情報局の関係責任者によると、2020寧波ファッションフェスティバルの開幕式において、3つのプロジェクトが着地したことで、市の設計人材の育成が加速され、寧波のファッション紡織服産業の転換アップグレードが加速され、寧波の紡織服の大都市からファッション紡織服の強市への転換が加速されるという。


【印刷】 【閉じる】