ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波市技術者 「イワタセイガニ」の難関を攻略
2020-10-21フォントサイズ: A A A

    10月19日、象山県黄岑郷高泥村の水田で、里海農業発展有限公司の担当者が従業員を引き連れて、水田周辺の水を排水して、青カニを捕らえている。


    2年間の試行錯誤を経て、市海洋と漁業研究院が取り組む市レベルの科学技術計画プロジェクト「ズワイガニ抗逆 (病) 良種選別・育成技術」での「イネ+カニ種養殖モデル」の実験が成功し、国内で初めて水田でのサバ栽培が実現した。10月19日、市科学技術局の専門家による現場検証が行われた。


    稲とカニの豊作は、その場にいる専門家を喜ばせている。このプロジェクトの画期的な点は、水田もカニを飼うことが初めて示されたことである。プロジェクト責任者、市海洋と漁業研究員によると、人工的に育成した低塩は若いカニの苗に耐え、順調に育つということは、寧波の多くの水田は青カニを飼うことができ、養殖空間も大きく開拓することを意味している。


    水田でのヤマネガニの栽培は、農薬や化学肥料の使用ができず、良質な生態稲の栽培ができ、栽培コストを下げた。

【印刷】 【閉じる】