ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波初の「戯曲キャンパス」実験基地
2020-10-02フォントサイズ: A A A

    9月30日、寧波初の「戯曲キャンパス」実験基地が寧波市実験小学校に設置され、正式に看板を掲げた。寧波市小百花越剧団、寧海県平調芸術伝承センター、上海好汐文化伝播会社などの青年俳优たちが、越劇の「紅楼・天から林妹妹が落ちてくる」、平調の「金蓮が蛟を斬つ」の絶技「歯を戯れる」、昆曲の「牡丹亭・遊園」の选段などを公演した。市実験小学校の「私が祖国と一緒に成長する」国慶行事と一緒に行った。

 

    2018年から、市の文旅研究院は積極的に「戯曲をキャンパスの中へ」という活動を乗り出した。戯曲の「種」を校庭に撒き、多くの中小学生がサークルを通じて公演を鑑賞する。教材、専門塾などの方式で、中国の伝統文化を理解してもらい、戯曲に対する興味を興させる。


【印刷】 【閉じる】