ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
浙江省初の生態運動会 寧波北侖駅開幕
2020-10-19フォントサイズ: A A A

    10月17日、浙江省第一回生態競技大会寧波北侖駅が梅山湾の砂浜公園で開幕した。スポーツ大会は家庭、趣味、レジャー、団結、創新、未来をコンセプトとし、6つの娯楽と競技を互いに結合する競技項目を作り出し、全省各地の60余のチーム、1200余名の選手を競技に参加させ、競技大会は18日まで続くことになっている。


    今回の生態運動会の主な場所である梅山湾砂浜公園は北侖山海運動タウンの中心エリアで、全長1.88キロのアーチ型人工砂浜と美しい十里藍海を持ち、豊富で良質なスポーツレジャー観光資源を持っている。


    浙江省で開催される第一回エコスポーツ大会は2020年における全省最大規模のイベントであり、大会は「スポーツ+文化+観光」の新モデルや新経済の構築に力を入れている。北侖会はエコロジースポーツ大会を契機に、スポーツ観光産業経済において、飛躍的な発展を遂げることになるだろう。


【印刷】 【閉じる】