ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
第三回進博会寧波取引団が結成
2020-10-19フォントサイズ: A A A

    後二十日間で、第三回中国国際輸入博覧会が上海で開幕することになっている。10月16日午後、第三回博覧会寧波特別テーマ会議において、“寧波情熱”を繰り上げて発表されたデータによると、登録企業数は3887社で、省内トップであることが分かった。


    紹介によると、現在、全市で200社近くの購入企業が5億米ドルの取引に合意したという。


    市商務局によると、進博会の期間中、寧波市は寧波専門ステーションの関連活動——寧波と“一帯一路”の国家貿易投資ドッキング会および重大プロジェクト契約式を行い、“一帯一路”の沿線の国家の出展商と代表団を招き、寧波市の製造業企業、輸入商、販売商との貿易商談を行い、寧波市の大手輸入商、越境電信商と輸入促進金融支持などの政策を紹介し、寧波市と東欧国家の協力交流プラットフォームを紹介し、その上、寧波市の技術装備購入などの需要情報を発表し、いくつかの製造業の先進装備購入協議と投資協議を契約することになっている。


    また、寧波市はヨーロッパ企業と寧波企業を組織して、第五回浙江-ヨーロッパデジタル経済とハイテク産業サミットのドッキング会に参加させ;省レベル以上の「中華老舗」「無形文化財兼中華の老舗」を並べ、浙江の「無形文化遺産」展示に参加;いくつかの省レベルの重点輸入プラットフォームを組織して浙江省重点輸入プラットフォーム推進会に参加させることになっている。


【印刷】 【閉じる】