ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
象山の古穀倉 竹無形文化財展示館に変身
2020-10-16フォントサイズ: A A A

    象山茅洋郷渓口古穀倉で造型様々な古い竹製器具がきれいに掲げられ、珍しい竹文化景観を形成。

                                                                  (穀倉から展示館へ変身)

    渓口古穀倉は前世紀の70年代の建物で、茅洋郷の主要な食糧倉儲基地である。20数年前、食糧統一買付・統一販売制度が停止され、穀倉は歴史舞台から引退され。2014年、渓口穀倉は県レベル文化財保護点と公表された。

                                                                   

    現在、茅洋郷は観光の力を借り、古穀倉の改造に取り組んだ。2つの丸い倉、と2つの四角い倉を修繕した外、セットとして新規管理用室と付属室を建て、竹の無形文化展示館を新設し、新しい生命力を宿った。


    また、木彫り美術名家の王群を竹の無形文化展示館の顧問として招きいれる。「今後、展覧、育成訓練、芸術交流などの形式を通じ、象山竹文化芸術を発信しよう。」と王群は、穀倉の建物のスタイルと結び付け、展示館は竹文化ホール、訓練基地、音楽コーヒーショップ、民宿などを備え、文化と観光と融合した独特な公共文化空間を目指しようとしている。」と熱く語ったのである。


【印刷】 【閉じる】