ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
「小綿入れ」の「年越しご飯」
2020-01-06フォントサイズ: A A A

  1月3日、鄞州白鶴街道紫コウ社区の「小綿入れ」という老人を助けるボランティアチームと市のスポンサー企業が連合して40数名の60歳以上の老人のために「年夜飯」を手配し、また市書法家協会の会員は現場で「福」の字を書いて老人に送って、老人たちに冬の中でささやかな温かみを感じさせた。

【印刷】 【閉じる】