ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
海洋漁文化(象山)生態保護区「国字号」
2020-01-03フォントサイズ: A A A

    このほど、文化と観光省は国家級文化生態保護区のリストを発表した。全国で7つの文化生態保護区が選ばれており、海洋漁文化(象山)生態保護区も含まれている。


    2010年、文化部は海洋漁文化(象山)生態保護実験区の設立を許可した。ここ数年来、県は「人を見て、物を見て、生活する」の建設理念を堅持し、全体の保護を強化し、伝承の伝播を重視し、海洋漁業文化の創造性の転化、革新的な発展を全力で推進している。


    漁文化遺産の保護と利用の二本柱の下で、文化生態保護を促進することは経済社会の発展全体に効果的に溶け込んでいる。象山は海洋生態修復プロジェクトを実施し、第一次国家級海洋生態文明示範区に認定され、2つの国家級自然保護区、2つの国家海洋公園がある。2020年に石浦-東門島核心保護区に対して2.1億元を投じて、文化展示、文化体験、特色ある街などを一体化した総合的な海洋漁文化創意園を建設する予定である。文化資源を経済資源に転化することに力を入れ、非遺産文化創意産業を積極的に発展させ、楊氏古船公司などの非遺産企業を支援し、象山竹根彫は第一陣の浙江省伝統工芸振興目録に入選された。

【印刷】 【閉じる】