ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
寧波6つの企業 フィンランドの専門家との提携
2019-09-06フォントサイズ: A A A

    9月4日、2019年中国・フィンランドセンサー技術の成果を紹介するための博覧会が寧波科学技術大市場で開かれ、全市の30の企業、研究机関と技術移転机関の代表が商談するために来た。


    話によると、これは寧波で初めて海外科学技術成果の細分化分野の専門会議だ。フィンランドの専門家がもたらした「ブラック・テクノロジー」が注目された。


    商談の結果、寧波の6つの企業はフィンランドの専門家と提携する意向を達成した。「今回の活動を通じて、フィンランドのセンサ分野の先進技術の成果と寧波企業に繋がり、より密接な関係を築き、わが市の「246」兆億レベルの産業クラスターの建設と高品質の発展のために強力な技術保障を提供した」と市の外国専門家局の関係者が以上のように述べた。


    統計によると、2019年初め以降、科学技術の大市場では大小の成果プロモーション会、需要ドッキング会などの9つ会場が開催され、ドッキング成果の需要は累計100件余りと発表され、49通の協力意向協定書を交わし協力意向金額は2473万元に達した。 

【印刷】 【閉じる】