ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
慈善総会 大学新入生のための援助活動
2019-09-06フォントサイズ: A A A

    9月4日に市の慈善総会から得た情報によると、市の慈善総会は大学の新入生の援助活動を積極的に展開し、貧しい家庭の学生に援助の手を差し伸べている。統計によると、2019年に全市の慈善総会がこのプロジェクトで累計支出寄付金の額は350万元余りがあり、計710人の大学新入生が恩恵を受けた。このうち、市の慈善総会は貧困大学生の110人を支援し、支出額は55万元に達した。


    大学の新入生の助学はこれまで慈善救助の重点プロジェクトの一つであり、多くの企業と人々の強力な支持を得てきた。


    2019年の各区県(市)の慈善総会は大学の新入生の奨学活動の中で、奨学金が300万元余りを支出し、大学の新入生600人を支援した。紹介によると、市の慈善総会は21年間に連続で大学新入生の奨学活動を展開しており、累計の支出は奨学金額は2674万6000元、6249人の大学新入生を援助した。全市の市と県レベルの慈善総会の累計支出額は奨学金9687.4万元、大学新入生24151人を支援した。

【印刷】 【閉じる】