ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
ソフトウェア産業の旺盛な勢い
2019-09-04フォントサイズ: A A A

    2018年9月、わが市は特色型の中国ソフトウェア名城「突撃号」を創設すると吹鳴し、強力な政策が絶えず積極的なシグナルを放出し、新たに導入、育成した寧波ソフトウェア企業の躍進を加速させ、特色型ソフトウェア名城の創設の「パイオニア」となった。高新区では、和利時、広視ロボット、中軟国際クラウドソフトウェアパークなどの企業の力を借りて、そして、プラットフォームの絶えずな努力を加え、寧波ソフトウェアパークの2019年上半期のソフトウェア事業の収入は102億元に達し、前年同期と比べて33.5%増加した。鄞州区上半期にソフトウェア事業の収入は128億元を達成し、前年同期と比べて約25%増加した。総量は全市第1位を維持した。江北区上半期のソフトウェア事業の収入が前年同期と比べて65%増加、増加のスピードは市のナンバーワンだ。


    各区県(市)のソフトウェア企業の発展のペースが絶えず加速し、同時に政府も全市のソフトウェア産業の発展に力を入れている。データによると、寧波は2019年前の7ヶ月にはソフトウェア事業の収入を441.9億元達成し、前年同期と比べて22.1%増となった。このうち、情報セキュリティ、情報技術サービス、電子商取引プラットフォーム技術サービスの収入はいずれも前年同期と比べて30%増、産業用ソフトウェアの収入は同24.6%増となった。

【印刷】 【閉じる】