ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
奉化三者で古い分譲住宅警備システムを共同建設
2019-09-11フォントサイズ: A A A

 12月末前までに、奉化の15の古い団地は警備システムを設置し、警備が強化された。


 聞くところによると、臭い団地がの改造完成後に、インフラ整備が進められたが、新築団地と比較し、依然としてギャップが存在し、特にインテリジェント化の上で、「大投入」という資金難題が立ちはだかっている。それで、奉化区はビル玄関警備システムのインテリジェント化の改造方案が出され、知恵コミュニティ、知恵都市の基礎を共同で築いていこうということである。


 ビル玄関警備システムは団地の安全度を高めた同時に、壁にチラシ貼り付けを防止することもできる。古い団地の「チラシ貼り付け」の氾濫の原因は、団地の廊下に住民以外、誰でも自由に出入りすることができることにある。住宅警備システムの改造によってそれをを根絶することができるし、団地のイメージアップにもつながるだろうと思われる。


 同時に、新型知恵住宅警備システムが公安部門のシステムとつながって、ネットワーク化され、団地の安全性を向上させた。例えば、監視カメラ設置によって、関係者以外の者の進入を防ぎ、管理者にも利便性をもたらし、大勢の人が集まるマルチ商法などの防止にも役立つということである。

【印刷】 【閉じる】