ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
  寧海の漁民はアフリカでカニを養殖
2019-08-07フォントサイズ: A A A

  このごろ、中国の企業家はアフリカ・マダガスカルにある青蟹の养殖基地で、寧海の一市鎮から来た「青蟹大王」技術チームと共に、现地の野生蟹の開発・柔殻ガニの飼育を一時的に行った。

  マダガスカルは海洋资源が豊富で、良い生態環境と地理的な優位性を持っている。しかし、地元の人たちはカニやエビなどの海産物に「興味」がない。「海洋資源が日増しに悪化する中国に比べ、ここはいい場所だ」。寧海の一市鎮の「青蟹大王」技術チームの責任者が国際的な养殖を大胆に试みることにし、マダガスカルに「蟹アパート」を建てることにした。

「アフリカの青蟹は、中国の養殖技術と合わせて、現地の青蟹の品種開発や、柔殻ガニの中国市場の需要を満たすことができ、冬と春、中国の青蟹市場の空白を埋めることができる」劉生は青蟹の養殖の見通しに対して非常に明るいだと観している。寧海の一市鎮にある「青蟹大王」技術チームの関系者は「人件费も现地の優勢」だし、漁業の养殖や柔殻ガニの育成に多くの農民を雇い、彼らの収入も増やした。


【印刷】 【閉じる】