ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
軌道交通3号線 第一工程のテスト運行
2019-06-07フォントサイズ: A A A

 6月5日、寧波市軌道交通工程建設指揮本部によると、3日間の審議を経て、地下鉄3号線第一工程が専門家たちのテスト運行審議を通過した。


 寧波市軌道交通工程建設指揮本部によると、専門家たちの意見に従い、地下鉄3号線の第一工程のテスト工事を速く進行して、地下鉄駅周辺の環境整備、道路建設、公共バスとの繋ぎ、標識の設置などの仕事を予定時間内に完了してもらう。準備をすべて整い、正式な審議報告を通過後、市政府の許可のもとに、テスト運行がいよいよ開始できるようになった。


 3号線の第一期は寧波市軌道交通第二陣建設の最初のプロジェクトで、完成したら寧波市の軌道交通が多線路運行時代に入ることを意味している。3号線は南北を貫通するバックボーンで、第一期の全長は16.73キロ、15の駅が設置されている。

【印刷】 【閉じる】