ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
科学技術で奉化水密桃の更なる甘みを
2019-06-12フォントサイズ: A A A

 今、水密桃に袋をかぶせ、完熟を迎えようとしている。2001年、奉化区水密桃研究所が海外技術成果国家導入模範普及基地に入った後、日本、イタリア、ドイツ、スペイン、オランダなどの果樹専門家との技術交流を通じ、見事に海外から50品種の導入に成功し、試験栽培を経て、栽培面積を広げ、現在、奉化区の水蜜桃の栽培総面積が5.3万ムーに上り、2010年から奉化区の新品集栽培面積がすでに総面積の8割以上を占め、品質も高まったという。

   

 新品種の測定データを分析するのは、一つの重要な内容である。奉化区水蜜桃研究所がここ数年導入された10余りの国内新品種に対して、試験を重ねたうえ、すでにおよそ80品種の栽培を完成し、成長を観察中である。


 2019年に水蜜桃は等級別の標準を定め、極上の水蜜桃が値段的にも高くなるという。奉化区水蜜桃研究所が包装や物流の面にも力を入れ、『圓夢』水蜜桃新品種の栽培面積を拡大し、旧品種を淘汰し、奉化水密桃の更なる甘みのある水蜜桃が期待できるという。

【印刷】 【閉じる】