ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
海外内の茶人 寧波へ茶文化シンポジウムに参加
2019-05-08フォントサイズ: A A A

 5月6、7日、「茶荘•茶観光」及び寧波茶史茶事シンポジウムが寧波で行われ、およそ100名のお茶の関係者や茶人が寧波へ茶文化について討論し、寧波茶文化博物館の「玉成窯金石文心」という特別風雅集いに出席し、3点玉成窯貴重秘蔵品が今回初めて公開されたという。


 中国国際茶文化研究会、中国茶流通協会、オーストラリア茶文化研究所、日本関西学院大学、中国国際茶芸会、日本大阪観光大学観光学研究所、韓中茶文化交流協会の代表らがイベントに出席したのである。


 寧波茶文化博物館の責任者によると、伝統的な詩書画と茶芸、茶器との完璧な結び付けを研鑽し、新しい時代で伝統を持ちながら文化の活力を発揮できるようと取り組んでいるという。

【印刷】 【閉じる】