ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
江北数字経済への転換 「金の含有量」アップ
2019-05-06フォントサイズ: A A A

  2019年以来、江北区には14社のソフトと情報化企業が導入された。市のソフト産業の登録企業数が58社を超え、営業額は9.2億元に達し、去年より60%超えた。


 新しい経済業態の企業は数字経済の東風を乗り、迅速に発展し、江北数字経済の発展を導いている。統計によると、2019年第一四半期、全区の数字経済核心産業の増加値は約6.1億元、ソフト業務の収入は全市の先端に立った。


 数字経済のおかげて、工業ユビキタスネットワーク、ソフト、スマート装備などの新興領域の重点企業の発展がよくなっている。寧波市工業ユビキタスネットワーク特色産業園コリ起動園区にはすでに102社(項目)が入園し、入園率は85%に達してある。園区第四期のユビキタスネットワークビルは6月に屋根を結ぶ。多くのユビキタスネットワーク企業が共に江北工業のビキタスネットワークのブランドを磨き上げている。

【印刷】 【閉じる】