ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
輸入付加価値税 下方調整
2019-05-24フォントサイズ: A A A

 2019年4月から、輸入貨物付加価値税税率の全面的な下方修正がなされた。付加価値税改革のメリットが適用する輸入貨物は主に二種類で、一種類の税率は16%から13%までに調整され、主に鉱物製品、原油、機械設備などで、もう一種類の税率は10%から9%までに調整、主に農産品、天然ガス、農用機械、石油天然ガスなどである。寧波税関の統計によると、4月寧波企業はそれによって減免された税金は12.3億元近くあったという。

 金光食品(寧波)有限会社の責任者の話によると、税率が下がった後、会社4月の輸入付加価値税が365万元軽減、2019年年間の付加価値税金額は1658万元軽減できると話した。

【印刷】 【閉じる】