ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
寧波舟山港 「道路から鉄道に変わる」
2019-05-22フォントサイズ: A A A

 寧波舟山港鎮海港区石炭鉄道専用線はよく使用され、30両のコンテナーを積載して、紹興皐埠へ出港した。これは寧波舟山港が国家の「道路から鉄道に変わる」という項目を実施して、初めての石炭業務で、港の混載商品運送のため新しいモデルを取り入れた。

 調査によると、今回初めて出港した「道路から鉄道に」石炭専用列車は、石炭水鉄を途中変更するというモデルを利用した。積載した「35トンノーカバー型コンテナー」は寧波舟山港が初めて利用した新しい車両で、車に積み込みやすく、環境にやさしいという特色がある。このプロジェクトが成功したら、「便利、環境保護、訪問積載」などのサービスメリットで、模範効率を形成して、浙江省の西、江西省などの地域の石炭取引先に便宜を図り、寧波舟山港の鉄道直通のブランドを強固するために強い支えを提供する。計画では、2020年まで全国沿岸港の大口品物の道路輸送量が4.4億トン減らすという。

【印刷】 【閉じる】