ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
寧波文化イベント 韓国ストリートで披露
2019-05-22フォントサイズ: A A A

 金銀刺繍、陶磁器技巧展示、寧波地方伝統劇、民族音楽と舞踊披露など、最近、寧波市文化放送映画旅游局が主催した「2019古港会場シルク・ほほえみの寧波」をテーマとする文化推進イベントは韓国のストリートの広場で開催し、20数名の寧波芸術家は完璧な技巧を韓国市民に披露した。

 中国風情歌『竜文』、舞踊『賛哈』『水韻江南』、寧波伝統演劇『三番十二郎』などが順次に上映し、すべての演出番組が観衆の熱烈な拍手を受けた。寧波市演技グループの賀磊と蘇醒が演じした地元演劇と電子音楽『新抜蘭花』は、現場の喝采をよく招いた。予定した演出が終わったら、韓国語で「ワンコール」と求められ、3つまでの番組を演じてやっとステージを降りた。

 ステージで見事な番組を演出した以外、広場で置かれている中国非物質文化遺産――寧波手作りの金銀刺繍と陶磁器もソウル市民の興味を招き、ソウル外国語大学から来ている李永男教授は、中国文化にとても興味があり、わざわざ学生を連れ、見に来たと話した。

【印刷】 【閉じる】