ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
国際ロッククライミング大会 寧波で開催
2019-05-13フォントサイズ: A A A

    5月11日、「一帯一路」国際ロッククライミング大会が寧波鄞江ロッククライミング公園で開催され、アメリカ、イギリス、オーストリア、オーストラリア、ロシア、インドネシア、韓国、日本など20カ国と地域およそ100人が「岩壁上のバレエ」といわれるクライミング大会に参加した。終わったスピードプログラムの決勝戦で、寧波選手世界チャンピオンの鐘齊鑫が銅メダルを獲得したのである。


 11日の午前は難度予選、午後はスピード予選であった。寧波の世界チャンピオンである鐘齊鑫は出場し、安定的な表現でわりに良い成績を獲得し、場外から観衆の喝采と歓呼を送られた。午後のスピード予選で、2度の出場でそれぞれ6.076と5.711秒のトップの成績によって、34名の選手の中での1位で夜の決勝戦に入ったが、準々決勝で予想外のミスで、最終鐘齊鑫が第3位6.013秒の成績で銅メダルを獲得した。


【印刷】 【閉じる】