ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
高架橋の防護壁にきれいなフラワーベルト50kmも
2019-05-10フォントサイズ: A A A

 寧波市住建局の市政によると、2018年9月末までに、機場路、環城南路と北環高架を合わせて約50キロメートルの防護壁に緑化が実施され、中にコウシンバラが最も多く、毎年4から5月はコウシンバラが花咲き、今満開を迎えている。


 機場路の高架橋でコウシンバラ、三角梅、茶梅、コウシンバラなど、環城南路の高架橋で、アンジェラ、バラなどのコウシンバラ;北環高架橋でバラ、中国紅などのコウシンバラを見かけることができるという。


 聞くところによると、今後、東外環状道路、北外環状道路東区間、環城南路東区間、機場路南延長線でもおよそ40キロメートル高架橋防護壁緑化を実施することになるという。

【印刷】 【閉じる】