ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
奉化渓口 江南百マイル不斉地レース
2019-04-15フォントサイズ: A A A

    4月12日午後、2019江南百マイル不斉地レースは奉化区渓口鎮の雪トウ山のセンター広場でスタートした。全国20数省(市、自治区)及び、アメリカ、フランス、シンガポール、マレーシア、カナダなど9つの国家の2000名あまりの選手が大会に参加した。全部のレースは14日に終わる。これは揚子江デルタ地域唯一の百マイル不斉地レースだ。


 レースは、168キロ、110キロ、85キロ、50キロの四つの組みに分けられている。2019年の選手の陣営が大変強いだ。国内外の31名シード選手がチャンピオンを競った。その中にアメリカのグランドステム王暁林、スーパーマラソンゴッドファーザー級人物趙紫玉、香港有名な限界競走者羅楚健などがいる。カナス330キロ、烏モン山330キロ、八百マイル流砂、国内唯一この三つの超長距離ランナー女子選手の周日菊も大会に参加した。

【印刷】 【閉じる】