ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
一人一芸・文芸応接間 寧波文化博覧会
2019-04-12フォントサイズ: A A A

    4月10日、市の文化館によると、「一人一芸・文芸応接間」は、全国初都市芸術普及および空間見本という形で寧波文化博覧会に登場する。


 文芸応接間は文化博覧会は主会場寧波国際展示センターの3号館に設置される。展示区域は「文芸・青春」をテーマで、体験区域、展示区域、応接区域の3つの区域に分けられ、芸術応接、オンラインシェルフ、デジタル体験、技能インタラクティブ、文化創造派生の5つ内容がある。200社近くの芸術連盟機構と30名あまりの空間連盟のメンバーに出席してもらう。現場では500点あまりの芸術作品、160点あまりのオンライン芸術商品、芸術養成授業を提供し、来客たちは体験、購入することができる。

【印刷】 【閉じる】