ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
寧波ソフト園の核心区域の建設
2019-04-12フォントサイズ: A A A

    4月10日、寧波国家高新区はエリートソフト人材導入計画を公布した。全市でソフトと情報技術業界の精密導入を行う。プラス前回策定した扶助政策、寧波国家高新区(新材料科技城)は毎年6億元資金を用意して、ハイエンド人材とハイエンド項目の導入を図り、寧波ソフト園の核心区域の建設に促進する。


    寧波ソフト園は寧波特色型中国ソフト名城の核心うけだいで、その中に高新区が建設する3.1平方キロのソフト園の核心区域は、「一主双極」の様式と構造で、全国にも影響力ある「甬江ソフト谷、スマートネット湾」と位置づけされている。


 寧波ソフト園の設立は半年ぐらい経ち、高新区はすでに寧波スマート園、寧波新材料(国際)創新センターなどの35万平方メートルをソフトと情報サービス業務に関連する企業に提供した。寧波ソフト園の15万平方メートルも「鳥籠の中の鳥を入れ替え」、一部業界影響力があり、重大かつ優秀な項目を導入し、新型の企業を養成する。

【印刷】 【閉じる】