ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
鼓楼 文化観光で商店街を盛んに
2019-03-09フォントサイズ: A A A

                   外国人観光客が鼓楼の寧波グルメに引きつけられた。

 3月7日、長雨がやっと止んだ。鼓楼の道が濡れたまま、多くの人々がもう来ていた。友達らしき四、五人が古い舞台の下で、海曙区優秀文芸団の主演「3•8国際婦人デー」の合同公演を楽しんでいた。


 「ここ数年、祝祭日の際、いつも多彩な演芸コンクールを開催し、鼓楼という地理的と歴史的優勢を生かし、寧波の都市文化中心をうちあげようとしている。」と鼓楼地区商業管理運営責任者が紹介したのである。2019年の元宵節、鼓楼で元宵団子賞味や謎々遊戯などを催し、観光客およそ3万人が駆けつけたのである。
  
 現在、多くの若い人が鼓楼へ伝統的なグルメを求めてくるのであるが、鼓楼地区は文化的な元素を盛りいれ、もっと多く商品を開発し、グルメを楽しむと同時に寧波の歴史文化的を体験してもらうことができることを狙っており、「以文興市、以商旺市、以旅強市」を実現しようと取り組んでいる。また、鼓楼地区は先進的なデジタル技術を利用し、文化製品を豊かにし、発現表現形式を多様化し、さらなる繁栄を築いていこうとしている。


【印刷】 【閉じる】