ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
舞台劇「花木蘭」 象山映画スタジオに
2019-03-06フォントサイズ: A A A

    「三・八」国際婦人の日を迎え、「男勝り」の精神を発揚し、中国の伝統文化を広がるのため、3月9日、舞台劇「花木蘭」は初めて象山映画スタジオに登場した。


    舞台劇「花木蘭」、全劇は「親孝行」、「忠」、「愛」を本筋にして、花木蘭は少女から男勝りへ演繹するプロセスの述べた。男姿から、父に代わって従軍する、使命を完成、愛情を追求する、最後は平和と自由な生活に回帰する。戦争年代には人々が家園を守り、平和生活への憧れを表した。


    舞台劇「花木蘭」は特別招請劇として、烏鎮大劇院で第四回世界ネットワーク大会の各国来賓の前に披露したことがあった。現在、この劇は各地で巡演を行い、チケットの入手は難しいだ。2018年12月、この劇は中国舞踏の最高賞――蓮の花賞を獲得している。

【印刷】 【閉じる】