ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波市レベル科学研究プロジェクト2項 見事に完成
2019-03-11フォントサイズ: A A A

 近日、寧波市品質検査院国家文化教育用品監督検査センターの市レベル科学研究プロジェクトである、『学生用品中17種重金属測定技術研究と応用』と『子供創意美術造形軟性ゴム中防腐剤測定技術研究と応用』2項が順調に合格し、完成されたという。


 関係者の紹介によると、学生用品は設計要求と販売目的を満足するため、生産過程でよく付属材料を添加し、もしその添加物に重金属など有毒有害物質が混じり入れるのなら、使用者の口を通って体内に侵入し、ある程度に溜まっていたら慢性中毒を引き起こす恐れがあるとされている。新型造形軟性ゴム玩具が数ヶ月或いは更に長い期間で変質しないように、生産過程で防腐剤を添加し、長期に接触する子供が口から体の中に侵入し、健康に危害をもたらす恐れがあると見られている。


  現在、上述の科学研究プロジェクト2項の測定方法は、すでに応用され、良好な実用性を有し、実行可能である。


【印刷】 【閉じる】