ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
2018寧波ソフト産業 20%増
2019-02-09フォントサイズ: A A A

    寧波市ソフト産業規模は更に拡大できた。最近特色型中国ソフト名城創建工作会議によると、「外から導入+中での育成」という方針に基づき、寧波市2018年において、ソフト業務収入は640.03億元で、去年同期と比べ20.1%増え、増加速度は全国トップであるという。

    ソフトと情報サービス業を発展させることは、新情報技術を核心とする科技革命と産業変革というチャンスを掴み、大いにデジタル経済を発展させようとしている寧波にとって、重要な意義がある。2018年特色型中国ソフト名城作りを始めて以来、寧波市は人材、企業、園区から着手、ソフトと情報サービス業への資金投入を増やし、情報サービス市場参入基準を緩め、サービス分野を拡大させている。それによって、全市ソフトと情報サービス業には肥沃な土壌と十分な養分が提供されることになった。

    特色型中国ソフト名城作りは寧波市製造業が品質が高い発展を遂げる鍵であり、産業新性能を育成、発展させる内面的な需要でもある。新しい一年において、寧波はいかにすこしずつこの名城を作り上げるか。計画によって、寧波市は2019年において、「ハード、ソフト、インターネット、フラットフォーム」(すなわち自動コントロールと感知カード、工業核心ソフト、工業網、工業クラウドとマルチサービスプラットフォーム)工業「新基礎」の育成と導入、ソフト企業サポート能力の不足を補うことを通して、ソフトの実力強化を実現させると同時に、園区発展計画と産業発展計画を細分、2020年年末までに全市ソフト業務収入が1000億元に達成することを目標としている。


【印刷】 【閉じる】