ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧海文化観光にお正月の色濃く
2019-02-11フォントサイズ: A A A

  2019年のお正月、寧海の観光地は民俗、団らん、福祈りなどを中心に、お正月ムードを色濃く演出し、市民のお出かけの人気地となった。寧海観光データセンターの統計によると、旧暦初六まで、寧海への観光客が延べ106.9万人、同期と比べて23.2%増加し、観光収入は8.52億元を上回り、同期と比べ24.1%増加し、よいスタートを切ったという。

  農村ではたくさんの伝統や習わしが残され、濃厚なお正月ムードが多くの観光客を引きつけ、故郷観光のブームにつながるという。山麓の農場で、赤い灯籠が飾り付けられ、やグラススキーなどのアウトドアスポーツやかまど炙り焼きなどの体験型イベントが喜ばれていた。

  また、図書館では多彩なお正月イベントを企画し、亥年絵画展、「共に読もう」の朗読会、「悦」読新春、なぞなぞなどのイベントに市民らが参加したのである。寧海県「平調」伝承会のメンバーが、長街九江村へ「如意之夜」の伝統演劇を公演されたのである。


【印刷】 【閉じる】