ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
寧海の濱海航空小鎮
2019-12-05フォントサイズ: A A A

 12月3日、寧波市発展改革委員会は寧海汎用航空空港プロジェクトの初期設計審査会議を開き、寧海汎用航空空港プロジェクトが設計建設段階に入ることを表明した。このプロジェクトは浙江省が計画した7つのA1類通用空港の1つであり、総投資額は約6.42億元、用地規模は約483.7ムーであり、すでに省「第13次五カ年規画」の重大な交通施設プロジェクトに含まれている。


 汎用空港の建設を機に、寧海は濱海航空小鎮を作るという。濱海航空小鎮は寧波南部の濱海新区下洋塗区域に位置し、総面積は6平方キロメートルに達し、観光、運営、サービス、スマート製造の4つの機能プレートに分けられ、主に工業農業生産、飛行机のテスト飛行、航空応急救助、航空旅行、航空運動などの活動に利用されている。

【印刷】 【閉じる】