ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
寧波文促会は名家の磁器絵画の展示
2019-12-02フォントサイズ: A A A

  「舞彩霽青――甬城当代名家磁画展」は最近寧波文促会に展示され、50余点の器形がさまざまで、風貌がまばゆい磁器画作品が甬上老中青画家の手より作り出した。


 甬城画家何業琦、陳亜非、上方、李羡唐、邹大鳴、王復才、陳全尧、独身、鲁海波、梅則偉、盛加昌、李勝利、寧波甬江高校の創作室内に集まり、人物は、山水、花鳥など伝統画と陶磁器を結合させ、一陣の盛り沢山の磁器の絵作品を作った。展示は12月12日まで。開幕当日、寧波市美術家協会磁器画の創作基地は寧波甬江職業高で開所した。

【印刷】 【閉じる】