ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
江北区 出稼ぎ労働者から建築労働者への転換を後押し
2019-12-11フォントサイズ: A A A

 12月9日に江北区住建局は、江北区はすでに浙江省建築産業労働者育成試験地に指定され、寧波市として唯一である。方案によると、試験地の目標は、2022年末までに、新時代に相応しい建築産業労働者の教育、訓練、技能評価、労働者管理及び権益保障体制を構築しようとしている。


 農村で稼ぎ労働者から建築労働者まで、教育育成訓練が基礎中の基礎であり、最も重要な一環である。2018年5月、江北区は区政府がリードされ、区住建局、甬江街道の指導の下、企業の運営モデルを採り、江北区人力資源産業園を創立し、すでに建築労働者を延べ10万人(出稼ぎ農民学校を含む)を上回り、その中の特殊職種は1500人であった。

【印刷】 【閉じる】