ホーム
> 寧波ニュース > 市民の声
古村電気の安全を図る
2019-11-06フォントサイズ: A A A

    11月4日、千年歴史文化名村——奉化区蕭王廟街道青雲村において、国網寧波給電会社の従業員が最後のスマートメーター漏電監視システムを設置した。世帯主はこのシステムを通じて、リアルタイムで携帯電話で漏電情報を把握し、電気使用の安全性を高めることができるという。従業員がデバッグ知能電気メーター漏電監視システムをインストールしている。

【印刷】 【閉じる】