ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
「寧波提案」が国際標準に昇格
2019-11-06フォントサイズ: A A A

    最近、アジア太平洋地域の港国監督了承覚書組織(東京覚書)の第30回委員会会議がマーシャル諸島で閉幕し、寧波海事局が提出した「港国監督遠隔再調査ガイドライン」の提案が可決された。同ガイドラインは、アジア太平洋地域で1年間のテスト運営を行う。


 話によると、「遠隔再検査」のメカニズムは寧波海事局が実践から発掘・抽出し、情報化手段を運用し、効率的に事中、事後監督管理を展開する革新的なモデルである。外国籍の船に対して、海事の主管機関は法律に基づいて港の監督検査を展開する。検査で発見された、離港前に是正しなければならない船舶の欠陥に対して、登船の再検査を展開し、整備が行われた後に、外国籍の船が離港することができる。


 しかし、スケジュールがハートな船の場合、コストをさらに負担しなければならないに違いない。現在、寧波港に最も多い18000TEUのコンテナ船の賃貸料で計算すると、1日の遅延の場合、運航会社にとって、余分に10万元から20万元ぐらいコストがかかる。それと同時に、船舶は港の整備期間中に、停泊地の資源を占有することになり、安全と利益の両立が困難のため、この問題が長期化になっている。


 現在、寧波海事局はすでに50数隻の船舶に対して「遠隔再検査」を実施し、累計で運航企業に直接コスト500数万元を節約している。推計によると、1年で単一埠頭が船舶の停泊隻数が延べ10%から20%まで上昇し、港の商業環境を向上させた。


 寧波海事局の徐紅爾船舶監督処長は「寧波の特色的な経験を積極的に推進し、寧波だけでなく中国の国際海運と海事分野における知名度と影響力を高めた」と述べた。続いて、寧波海事部門は「遠隔再検査」のメカニズムをアジア太平洋から全世界に向けて積極的に推進する。

【印刷】 【閉じる】