ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
国内2番目のビーチサッカー訓練センター寧波梅山に設立
2019-11-06フォントサイズ: A A A

    11月4日、共同建設寧波梅山ビーチサッカー国家希望隊並びに中国サッカー協会ビーチサッカー訓練センター(寧波梅山)の設立式典が行われた。


    「広東省五華県に次ぐ国内2番目のビーチサッカー国家希望チームと中国サッカー協会ビーチサッカー訓練センターが設立された。我々はこのモデルの探索を通じて、社会的な力を動員してサッカープロジェクトの建設に参加し、中国の特色あるサッカー発展モデルを探したい」。と中国サッカー協会委員長は言う。


    寧波梅山を選んだ理由は、まず寧波市委員会、市政府のサッカー業務に対する重視と支持、各部門の協力。第二に、サッカーの市場化と社会化の探求に各方面の力の広範な参加が欠かせず、クラブの投入も含まれている。それから寧波は非常に良い経済の発展の基礎とサッカーの発展の大衆基礎がある。最後に、寧波梅山に関連する仕事の蓄積があり、組織機構、競争システム、人材育成と産業発展などの面で積極的に現地の実情に合ったサッカー発展の道を探索した。寧波梅山のトレーニングセンターを利用して、ビーチサッカーの試合、訓練キャンプ、サッカーフェスティバルなどのイベントを開催することができ、ビーチサッカーを更に普及させる。

【印刷】 【閉じる】