ホーム
> 寧波ニュース > ニュース速報
寧波舟山港 交通一体化実施
2019-11-29フォントサイズ: A A A

 関連会議によると、12月1日から、寧波舟山港核心港区の船舶交通一体化が実施するという。調査によると、2つの地域連接港を統一することが全国で、初めてだという。

 寧波舟山港は寧波と舟山の二つの都市をまたがる都市なので、従来の寧波と舟山二つ港の日常生産作業と船舶停泊においては各自手配や計画したため、出航や停泊などの時間が一致していないため、安全のリスクが起きる恐れがる。そのため、船舶交通一体化を実施するニーズがあり、作業員の望んでいることだと言われている。聞くところによると、船舶交通一体化が実施した後、下記のような「6つの一体化」が実現できる。船舶交通組織、船舶案内、船舶調達などの三方情報一体化、船舶案内一体化公表実施、船舶出入港情報一体化、停泊地航路一体化、海上応急設備一体化など。


【印刷】 【閉じる】