ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
西湖大学と寧波産業科学研究報告会開催
2019-11-29フォントサイズ: A A A

 寧波市統一戦線工作部、西湖大学、寧波市軽工業情報局、寧波欧米学友会が共同で主催する西湖大学と寧波産業科学研究報告会が行われた。中国科学院アカデミー会員、西湖大学校長、中国欧米学友会副会長施一公は、「ハイエンドで革新駆動を引率――世界における生命科学事例と実践」についてテーマ報告した。

 世界最も影響力を持つ19人の科学者の一人の「西湖大学国強」講座教授、工業学院院長楊陽、北京オリンピック顔認識システム設計者、西湖大学人工知能技術講座教授李子青及び西湖大学生命科学学院の乾細胞と器官再生実験室の責任者高暁飛はそれぞれ各自の最新研究成果を紹介した。

 寧波滞在中、西湖大学専門家団体は永新光学、均勝電子、オーク電子、美康生物、激知科学技術などの企業を見学し、そして産業科学研究を指導した。

【印刷】 【閉じる】