ホーム
> 寧波ニュース > 町のニュース
寧波国家高新区 「鯤鵬指数」発表
2019-11-29フォントサイズ: A A A

 調査によると、「鯤鵬指数」は寧波国家高新区管理委員会、中国科学院科学技術戦略諮問研究院中国高新区研究センターより共同で編成され、資源革新集中度、革新効果率、産業発展リード度、革新サービス完璧度、対外開放影響度など5方面の15個2級指標と40個3級指標を通して、2016年から2018年までのデータを対比する指数である。2016年のインスタント100指数を基準にすると、2018年の寧波高新区発展革新総指数が167.6に達している。

 「鯤鵬指数」のデータによると、寧波国家高新区は、「革新エコ」システムの発展が進み、ハイクオリティエコノミー発展がよくて、革新創業エコの育成と産業品質増加と良好な革新創業環境を作成する面においても進んでいる。現在、高新区には寧波市の3分の1以上の重点研究開発機関が集まり、特権を1423件、ソフトウェア著作権を3043件、各類孵化機関を27社有していることが分かった。

【印刷】 【閉じる】